市川市芸術文化団体協議会
  
 
俳句のまち市川

市川は古くから多くの俳人が訪れたまちです。江戸時代には松尾芭蕉や、小林一茶が市川を訪れたことがいろいろな書物に記録として残っています。

近年になっては、正岡子規や高浜虚子も訪れています。
水原秋櫻子は大正から昭和にかけてこの地を何度も訪れ、数多くの市川の風景を俳句に詠んでいます。

秋櫻子の第一句集が「葛飾」であったことや、最初の句碑が真間山弘法寺に建立されたことなどから、
この地をこよなく愛していたことがわかります。

また同じ弘法寺の境内には、やはり日本を代表する富安風生の句碑が建立されています。
同じ境内に小林一茶の句碑、近くの手児奈霊堂境内には吉田冬葉の句碑も建立されています。

こうした市川の俳句の歴史を背景として、市川市市内に在住する俳人の数ならびにその活動状況は全国屈指といわれています。

全国レベルの俳句結社や俳句会が、市川から全国に発信しております。

市川市の第一回文化祭は、昭和23年に「市民俳句大会」として開催されました。市川文化祭の歴史は俳句大会から始まったともいえます。
さらに昭和31年には「市川市俳句協会」が組織され現在に至っています。

以来市民俳句大会は、現在まで継続されており、コロナ禍の令和2年度は紙上大会となりましたが、伝統の灯は消えることはありませんでした。令和3年度には、第73回を迎えます。
   
   ↑Top
   
市川市に在住、在勤または市内の俳句会に席を有し、俳句を志す方によって構成し、俳句の研鑽、研究、普及および相互懇親のための活動を通じて、市川の俳句文芸の水準を高めるとともに、俳句を通じて文化都市市川の街づくりに寄与することを目的とします。

会員は、毎年11月23日に行われる「市民俳句大会」への応募者、ならびに維持会員を以て会員と称しています。募集要項は毎年8月初めに作成され、市内の公民館などに置かれますので、要項にしたがって応募してください。
詳しくは、事務局(下記)までお問合せください。
   
   
   ↑Top
 
  過去の記録から
    昭和53年 合同句集「市民俳句の30年」の出版
    昭和60年 能村登四郎句碑「枯野の沖」建立(じゅんさい池池畔)
    平成 7年 林 翔句碑「唐辛子」建立(北方町妙正寺境内)
    平成  年 能村登四郎句碑「春ひとり」建立(国府台陸上競技場)
    平成10年 文化祭参加50回記念大会 (市川グランドホテル)
    平成11年 手児奈俳句大会(朝日新聞、真間史蹟保存会と共催)
          「てこな俳句ポスト」の設置
    平成25年 市川の俳人展(市民会館)
    平成26年 能村研三展(市民会館の建替えに伴う閉鎖。その掉尾を飾り)
    平成29年 登四郎・研三の世界展(全日警ホール竣工記念展示)
    平成30年 第70回記念市民俳句大会

主たる活動
    「市川手児奈文学賞」(平成12年~)文学ミュージアムに協力。
    俳句大会(令和2年) 紙上による第72回市民俳句大会
    俳句出前教室 市内の小学校の要請により講師を派遣
    新春展 市民俳句大会の上位入選作品を展示(短歌、川柳と共催)
    市川市芸術文化団体協議会の「文化集会」、「天空の文化祭」に参加
 
   
 
   
 
72回市川市市民俳句大会 令和2年11月23日(紙上大会)
 
市長賞   それからの母の強さよ終戦日 大橋 忍
議長賞   流されず抗ひもせず山椒魚 楠原 幹子
教育長賞   決闘に割つて入りたる菊師かな 千田 百里
 
 特別選者 特選・準特選
 
特別選者 会長 能村研三選
特選   裸木となるは己を伸ばすため 三木 千代
準特選   根の国へ風抜くるべし蟬の穴 大沢 美智子
 〃    鱗雲空に大波小波あり 能美 昌二郎
 〃    決闘に割つて入りたる菊師かな 千田 百里
 〃     火祭や漆黒の闇こがす綺羅 栗原 公子
       
特別選者 副会長 山崎靖子選
特選   月光や身のしろがねに染まるまで 内山 照久
準特選   白寿祝ぐ枯れあぢさゐに残る色 笠井 陽子
 〃   生きること精一杯の夏果てぬ 田原 陽子
 〃   歩けとは生きよの言葉鵙の声 金田 誠子
 〃   筆跡に快方見ゆる秋桜 頓所 友枝
 
特別選者 副会長 千田百里選
特選   恋終はる一番赤い林檎買ふ 吉田 良江
準特選   傘寿とは夕蜩の鳴く水辺 酒井 裕子
 〃   羽抜鶏鳴いて隕石とんでくる 中村 世都
 〃   満月や命宿して三番瀬 中西 恒弘
 〃   折鶴の嘴の鋭角そぞろ寒 美濃 律子
 
特別選者 副会長 谷口摩耶選
特選   恋終はる一番赤い林檎買ふ 吉田 良江
準特選   貧富とは心にありて冷奴  礒貝 尚孝
 〃   ひたむきに手話するごとく秋の蠅 小澤 冗
 〃   今日からは形見となりし秋扇  田原 陽子
 〃   ぎんなんの成る木ならぬ木子ども欲し 有田川 あき
 
   
   ↑Top
   
   
 役員   会 長: 能村研三 (沖主宰、俳人協会理事、千葉県俳句作家協会会長)
  副会長: 加藤峰子(鴫)  千田百里(沖)  谷口摩耶(鴻)
  幹事: 池田啓三(野火)   岩佐梢(鴻)  内山照久(沖)  奥井あき(鴫)  數長藤代(鴫)
楠原幹子(沖)  
小林雷魚洞(貝)   酒井裕子(河)  佐藤恵美子(諷詠会)  
執行 香(月の匣)   武田伸一(海程)  
中野あぐり(春燈)  中村世津(鴻)
成宮紀代子(沖)  塙誠一郎(沖)  町山公孝(沖)  三木千代(鴫)  
宮崎高音(鴫)
望月晴美(沖)  本池美佐子(沖:会計)  若山奈路(蘭)  渡辺輝子(沖)

   
 事務局: 千葉県市川市八幡3-4-1-523 町山方
           市川市俳句協会事務局     
    FAX 047-371-1087    携帯:090-6496-2193
Email:mac-kmk@axel.ocn.ne.jp
  事務局長:  町山公孝(沖)
  事務局: 塙誠一郎(沖) 藤代康明(沖) 小林陽子(沖) 澤田英紀(沖) 
 

   
 

   |  HOME  |  TOP  |  BACK  |  
   
   
Last Update 2021/6/1   制作:y.arakii 
Copyright(C) 2021 市川市芸術文化団体協議会  All Rights Reserved.